ソフセラはハイドロキシアパタイトナノ粒子を用いて医療分野・工業分野・化粧品分野における様々な研究・開発をおこなっています。

株式会社ソフセラサイトニュース一覧ニュースリリース記事詳細

ニュースリリース記事詳細

2012/2/17

「Nanotech 2012」にて、NEDOプロジェクトの成果を発表いたしました。

プロジェクト名:虚血下肢の切断回避を実現する細胞移植用ナノスキャフォールドの開発

生活習慣病の合併症を回避する画期的治療法を開発!

生活習慣病の蔓延と高齢化により、動脈硬化に起因する抹消動脈疾患が急増しています。その重症化によって下肢切断に至るケースが年間約2万人に達しており、この最悪な事態を避けるため、新しい血管を作るナノテクノロジーが注目されています。本技術は、移植細胞と結合しやすく、核となる生体吸収性粒子をナノ粒子で被膜した「ナノスキャホールド(足場材料)」という微粒子の作成技術です。

(http://www.nanotechexpo.jp/)

  • 電子顕微鏡映像撮影受託
  • よくあるご質問はこちらからSHApについて

ご要望に応じてSHApの応用法、複合体応用法などをご提案いたします。ご注文、ご相談がございましたらお気軽にお問い合わせください。