ソフセラはハイドロキシアパタイトナノ粒子を用いて医療分野・工業分野・化粧品分野における様々な研究・開発をおこなっています。

株式会社ソフセラ企業情報沿革

沿 革

2007年

10月

株式会社ソフセラ設立

2008年

04月

R&Dセンター設立

国立循環器病センターと共同研究契約を締結

09月

大阪府和泉市に工場設立

10月

独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
ナノテク・先端部材実用化研究開発において
「虚血下肢の切断回避を実現する細胞移植用ナノスキャフォールドの開発」採択

2009年

04月

研究用試薬「nano-SHAp」発売

08月

米国活動拠点としてUSオフィスを開設

2010年

04月

化粧品原料としてSHApの供給を開始

06月

近畿大学と受託研究契約を締結

岩谷産業株式会社と共同開発
「オゾン水処理によるステンレス表面へのアパタイト粒子複合化技術」

08月

USオフィス移転

09月

研究用試薬「micro-SHAp」発売

    

2011年

01月

電子顕微鏡画像撮影受託を開始

10月

本社移転

                 

2012年

04月

R&Dセンター移転

12月

JNC株式会社と共同開発
「ハイドロキシアパタイト多孔体」

2013年

04月

独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)

平成24年度研究開発費補助金(ベンチャー企業への実用化助成事業)

助成事業の名称「QOL向上を実現する生体親和型医用材料の開発」採択

08月

大阪府立産業技術総合研究所内のR&Dセンターを技術開発センターへ改称

大阪府茨木市彩都に製品開発センターを開設

2014年

03月

資本金375,942,000円へ増資

2015年

02月

高度管理医療機器等販売業・貸与業許可証取得
許可番号4501041400037

03月

資本金90,000,000円へ減資

医薬部外品製造販売業許可取得、医療機器製造業登録(和泉工場)

05月

医療機器製造業登録(彩都工場)

12月

Quality Management System‐ISO13485:2003(医療機器における品質マネジメントシステムの国際規格)の認証取得

  • 電子顕微鏡映像撮影受託
  • よくあるご質問はこちらからSHApについて

ご要望に応じてSHApの応用法、複合体応用法などをご提案いたします。ご注文、ご相談がございましたらお気軽にお問い合わせください。

iso

MD 638636/ISO13485

株式会社ソフセラは、
ISO13485認証取得企業です(彩都工場)