ソフセラはハイドロキシアパタイトナノ粒子を用いて医療分野・工業分野・化粧品分野における様々な研究・開発をおこなっています。

最新情報

ソフセラの技術

ナノ粒子製造技術と複合化技術

当社ではマトリックス支援焼成法という独自の焼成法を開発し、従来法では不可能だった高分散性ナノ単結晶HApの合成に成功しています。
また、HApの特性を様々な材料に付与することができる複合化技術をもっています。

  • ナノ粒子製造技術
  • 複合化技術

ソフセラの製品紹介

SHAp(焼成ハイドロキシアパタイトナノ粒子)を使った製品開発

SHApは世界で唯一の技術により開発された焼成ハイドロキシアパタイトナノ粒子です。
医療機器や化粧品の原料など、SHApの活用方法を提案しています。

SHAp(焼成ハイドロキシアパタイトナノ粒子)

SHAp(焼成ハイドロキシアパタイトナノ粒子)イメージ写真

SHApは、厳しい製造・品質管理体制により製造され、高品質でかつ安全な材料として応用可能です。

試薬

SHAp(焼成ハイドロキシアパタイトナノ粒子)試薬イメージ写真

ハイドロキシアパタイトナノ粒子を研究用試薬として発売しております。研究素材の一つとしてご活用ください。

ハイドロキシアパタイト

HAp(ハイドロキシアパタイト)粒子構造イメージ写真

歯や骨の主成分であるハイドロキシアパタイトは、整形外科や歯科など医療分野で広く用いられているだけでなく、化粧品や工業製品にも幅広く利用されています。

詳しくはこちら

ソフセラの取り組み

Quality of Lifeのために…

先進技術を最良の形で提供することにより、様々なライフシーンにおけるQuality of Lifeの向上に寄与することを使命としています。

ソフセラ事業案内

  • 電子顕微鏡映像撮影受託
  • よくあるご質問はこちらからSHApについて

ご要望に応じてSHApの応用法、複合体応用法などをご提案いたします。ご注文、ご相談がございましたらお気軽にお問い合わせください。